ORASからSM変更点②

全作と最新作の変更点②

最新作ポケットモンスター「サン」「ムーン」、全作の「OR」「AS」との変更点の続きです。

4:一部操作の変更

ポケモン「サン」「ムーン」のカメラワークがちょっと酷い。

「十字キー移動が出来ない「建物でAボタン必須」などなど賛否両論な仕様があるが、もしかしたら発売後にアップデート等で変更されたりある?かも?

5:「いいキズぐすり」が強化された!

いいキズぐすりの回復量が「50」から「60」に変更された!これなら中盤でもなかなか役に立つ!

6:混乱時の自傷確率が軽減

「混乱」が弱体化し、自傷確率がなんと1/3に低下したらしい!混乱をつかった戦略を使っていた人にとっては痛いかもしれない。

7:マーキングの色が2種類に!

ポケモン「サン」「ムーン」の体験版をやっていて気づいたのは、マーキングの色が2種類になっていること。

固体値V以外にも固体値Uや固体値Oを識別するときに便利かもしれない。

8:麻痺が弱体化

ポケモン「サン」「ムーン」での麻痺が弱体化!素早さの低下が1/2に変更されたらしい。

9:ポケパルレが進化!!

ポケモン「X」「Y」で登場したポケモンと触れ合える機能「ポケパルレ」、これはポケモンを撫でたりお菓子をあげたりして仲良くなるものだったが、「サン」「ムーン」からはポケモンたちをお手入れすることが出来る「ポケリフレ」となって登場!バトルをして汚れてしまったポケモンをお手入れしてきれいにしてあげたり、バトル中にかかってしまった毒や麻痺を治すことも可能!仲良くなったポケモンははりきってバトルをしてくれたり、ぎりぎりのところで持ちこたえてくれたり、主人公との信頼関係が見える。

良い点も悪い点もいろいろありそうだが、楽しみなことに変りはない。